六角脳枕

六角脳枕はメディアでも有名

 

熟睡

 

私達、人間は、寝ている間に疲労回復したりエネルギーを補ったりします。

 

でも、使っている枕が合わない場合には、首や肩に負担が掛かってしまって、朝起きた時には首や肩が凝ってしまいます。

 

これが酷くなった場合には、首や肩に痛みが感じられるようになってしまう場合もあります。

 

こんな肩こりや首こりで悩んでいる人におすすめなのが六角脳枕です。

 

この六角脳枕はフジテレビ系の「めざましテレビ」や秋田テレビ、千葉テレビ、テレビ山梨などのローカルなテレビでも扱われた実績があります。

 

また、雑誌「女性自身」にも掲載されたこともあり、結構、メディアへの露出も多くて知名度もあります。

 

寝返りと六角脳枕の関係

六角脳枕は、スムーズな寝返りを行なえる枕です。

 

私達は寝ている間に大体20回から30回ほどの寝返りをしているのだそうです。

 

実は、寝返りをするのは、それなりに意味があります。

 

例えば、ズ〜ッと仰向けで寝ているとしたら、背中やお尻の部分には血液が流れにくくなってします。

 

ですので、体全体に血液が流れるように寝返りしている訳です。

 

また、寝返りを行う事で、骨格のズレや歪などを修正しているとも言われています。

 

六角脳枕は、その寝返りをスムーズにできるように作られている枕で、仰向けで寝ている時も、横向きで寝ている時も、首や肩に負担なく睡眠が摂れるようになっています。

 

六角脳枕は、首や肩に負担なく寝ることができるので肩こり、首こりの軽減にも役に立つ枕ですね。

六角脳枕はアスリートの御用達の安眠枕です

六角脳枕が販売開始されてから、もう数年が経過していますが、その間にテレビ番組や雑誌などで取り扱われてきました。

 

それで、今では多くの方々に愛用されています。

 

六角脳枕の愛用者の方々は、一般の枕難民の方たちだけではなくスポーツ界の第一線で活躍しているアスリートたちにもいます。

 

例えば、フットサルのバルドラール浦安の高橋健介選手や杉尾浩平選手、そしてバンクーバーオリンピックのスピードスケート日本代表だった酒井裕唯選手などなど・・・

 

他にも沢山のアスリートが愛用していると思われます。

 

国内や海外で活躍しているアスリートは、ホテルに滞在することが多いのですが、自分に合わないマットレスや枕で良く眠れなかった場合には、試合でのパフォーマンスに悪影響が出てきます。

 

それで、アスリートはマイマットレスやマイ枕を携帯して使う事が多いです。

 

六角脳枕は、そのようなアスリートの高い要求にも対応できている安眠枕だと言えるでしょう。

 

ネットサーフィンしていて六角脳枕に関して詳しく説明しているサイトを発見しましたのでご紹介しておきますね。
六角脳枕の口コミ・評判

更新履歴